大規模言語モデルによるSEO対策:ChatGPTとBardの「ザ・クリエイター/創造者」映画感想記事のSEO対策比較

AI ladyブログ
AI lady

概要:

大規模言語モデル(LLM)は、テキスト生成、翻訳、要約などのタスクで人間のレベルのパフォーマンスを達成できる人工知能です。近年、LLMはSEO対策にも利用され始めています。

本記事では、ChatGPTとBardという2つのLLMが、別で書いた映画「ザ・クリエイター/創造者」感想という記事のSEO対策に関するコメントを生成した例を比較します。この比較から、LLMの挙動の違いと、SEO対策におけるLLMの活用方法について考察します。

Bardの出力結果

タイトル

ザ・クリエイター/創造者 感想
ザ・クリエイター/創造者 レビュー
ザ・クリエイター/創造者 考察
ディスクリプション

SFアクション映画「ザ・クリエイター/創造者」の感想・レビュー・考察をまとめた記事です。
ビジュアル面の驚異的な表現や、人間とAIの複雑な関係を探求するテーマについて解説しています。
ネタバレを含んだ内容もありますので、鑑賞後にお読みください。
キーワード

ザ・クリエイター/創造者
SF映画
アクション映画
人間とAI
ギャレス・エドワーズ
ジョン・デヴィッド・ワシントン
渡辺謙
このタイトル、ディスクリプション、キーワードは、ブログ記事の検索結果で上位に表示されるように設計されています。

タイトルは、記事の内容を端的に表したものを選びました。ディスクリプションは、記事の内容をより詳しく説明したもので、キーワードは、記事で取り上げられている主なトピックをまとめたものです。

これらの要素を組み合わせることで、SF映画が好きな人や、映画「ザ・クリエイター/創造者」について詳しく知りたい人に、記事が届きやすくなるでしょう。

また、記事の内容をより具体的に伝えるために、以下のようなキーワードも追加しても良いかもしれません。

ビジュアル
演技
ストーリー
エンディング
これらを追加することで、記事がより深く理解しやすくなり、読者の興味を引くことができるでしょう。

ChatGPTの出力結果

タイトル: “未来のテクノロジーと人間の愛を探求する映画「ザ・クリエイター/創造者」の感想と解析”

ディスクリプション: “2023年公開のSFアクションスリラー映画「ザ・クリエイター/創造者」について、ビジュアル面や演技、テーマなどを深く掘り下げて解析。映画館での観賞体験と共に、未来のテクノロジーや人間とAIの関係を考察する。”

キーワード: ザ・クリエイター/創造者, SF映画, アクションスリラー, 人工知能, 未来のテクノロジー, ビジュアル表現, 人間とAIの関係, ギャレス・エドワーズ, ジョン・デヴィッド・ワシントン, ジェンマ・チャン, 渡辺謙, 映画解説, 映画レビュー

このタイトル、ディスクリプション、キーワードは、ブログ記事の内容を適切に表現し、SEOの最適化にも寄与するよう設計されています。タイトルは映画の主要なテーマを取り上げ、ディスクリプションは記事の主要なポイントを簡潔に説明し、キーワードは記事の主要なトピックと関連するキーワードを含めています。

比較

ChatGPTとBardが生成したコメントを比較すると、以下の違いが明らかになります。

  • タイトル: ChatGPTは映画の主要なテーマを取り上げ、Bardは記事の内容を端的に表したものを選んでいる。
  • ディスクリプション: ChatGPTは記事の主要なポイントを簡潔に説明、Bardは記事の内容をより詳しく説明している。
  • キーワード: ChatGPTは記事の主要なトピックと関連するキーワードを含めている、Bardは記事の内容をより具体的に伝えるために追加のキーワードを提案している。

これらの違いは、LLMの学習データや生成方法の違いによるものと考えられます。ChatGPTは、ニュース記事やブログ記事などのテキストデータで学習されており、記事のタイトルやディスクリプションの書き方に慣れているため、SEO対策に適したコメントを生成できると考えられます。一方、Bardは、膨大な量のテキストデータで学習されており、記事の内容をより深く理解した上でコメントを生成できると考えられます。

考察

LLMは、SEO対策において以下のメリットがあります。

  • 効率的なコンテンツ生成: LLMは、人間が行うよりも効率的にコンテンツを生成できる。
  • 高品質なコンテンツ生成: LLMは、人間のレベルのパフォーマンスを達成できる。
  • 多様なコンテンツ生成: LLMは、さまざまなジャンルのコンテンツを生成できる。

LLMをSEO対策に活用するには、以下の点に注意が必要です。

  • ターゲットキーワードの選定: LLMは、ターゲットキーワードを意識してコンテンツを生成できる。
  • コンテンツの質: LLMは、人間のレベルのパフォーマンスを達成できるが、完璧ではない。
  • コンテンツの更新: LLMは、常に新しい情報で更新される必要がある。

結論

LLMは、SEO対策において有効なツールとなる可能性があります。LLMの特徴を理解し、適切に活用することで、SEO対策の効率化や効果の向上が期待できます。

追加の考察:

LLMは、今後も進化を続けていくと考えられます。LLMのさらなる進化により、SEO対策におけるLLMの活用方法はさらに多様化していくでしょう。

プロフィール
書いた人
野崎 秀吾

Content Syncretist(コンテンツシンクレティスト)
✨ コーヒーとクラフトビールの愛好家で、在宅勤務を楽しむジェネレーションアルファ世代の父。Bromptonでのサイクリングをこよなく愛する。
最近のプロジェクト:
* AIを活用して、架空のファッション雑誌風写真集を出版。デジタルアートの新境地を探求。

Tokyo WFH Radioはテレワークで出勤時間相当の可処分時間が出来たので、独学者として活動したアウトプットを中心に書いているブログです。

SNSで私を見かけたら、ぜひお声掛けください。AIとクリエイティビティ、音楽制作の裏側、あるいは日常のことなど、皆さんとの交流を楽しみにしています。

SNSもやってますので野崎 秀吾をフォローしてくださいませ。励みになります。
ブログ
スポンサーリンク
役に立ったらシェアしてくださいね!
SNSもやってますので野崎 秀吾をフォローしてくださいませ。励みになります。
Tokyo WFH Radio

コメント

タイトルとURLをコピーしました