visionOS:ビジネスの未来を変えるAppleの新プラットフォーム

visionProUX
vision pro

Appleが新たに発表した「visionOS」は、ビジネスマンにとって新たな可能性を秘めたプラットフォームです。これは、空間コンピューティングという新たな領域を開拓するもので、3Dの体験を再考する自由を提供します。今回は、このvisionOSについて詳しく解説し、そのビジネスへの応用と今後の展開について考察していきます。

https://developer.apple.com/visionos/

visionOSとは?

visionOSは、Appleの新しい空間コンピューティングプラットフォームで、ユーザーが完全に新しい世界に没入するか、周囲とつながりながらアプリと対話するかを選択できます。これは、visionOSの空間コンピューティングの基本要素であるWindows、Volumes、Spacesから始まります。

visionOSの開発

visionOSは、SwiftUI、RealityKit、ARKit、AccessibilityなどのAppleのフレームワークを拡張して空間コンピューティングをサポートしています。また、Xcode、Reality Composer Pro、Unityなどのツールを提供して、開発者がvisionOS向けのアプリを作成するのを支援します。

ビジネスマンにとってのvisionOSの可能性

visionOSは、ビジネスの世界にも革新的な変化をもたらす可能性を秘めています。リモートワークが一般化する中、visionOSを利用すれば、仮想空間上でのコラボレーションが可能になります。これにより、遠隔地にいるチームメンバーとのコミュニケーションがより直感的になり、生産性の向上につながるでしょう。

また、ビジネスプレゼンテーションも新たな次元に進化します。3Dのボリュームを活用すれば、製品やサービスのデモをよりリアルに、そして鮮やかに展示することが可能になります。これにより、顧客への訴求力が増し、ビジネスの成功に寄与するでしょう。

さらに、ビジネスアプリケーションの開発も新たなステージに進むでしょう。visionOSのSDKを利用すれば、開発者は空間コンピューティングを活用した新たなアプリケーションを作成できます。これにより、ビジネスプロセスの効率化や、新たなビジネスモデルの創出が期待できます。

生成系AIと空間コンピューティング

生成系AIは、ビジネスにおける空間コンピューティングの可能性をさらに広げます。生成系AIは、自動的に新しいコンテンツやアイデアを生成する能力を持っています。これは、ビジネスにおけるプロダクトデザイン、マーケティングキャンペーン、コンテンツ生成など、多くの領域で活用することができます。

例えば、製品の3Dモデルを自動的に生成するAIを利用すれば、新製品のプロトタイピングやデモンストレーションが容易になります。また、AIが自動的にマーケティングキャンペーンのアイデアを生成すれば、より効果的なプロモーション戦略を迅速に立案することが可能になります。

さらに、visionOSのような空間コンピューティングプラットフォーム上で生成系AIを活用すれば、これらのプロセスがより直感的で視覚的になります。これにより、ビジネスの意思決定がより迅速かつ効果的に行えるようになるでしょう。加えて、visionOSでこれらを利用するための環境を加速させてくれそうなのが音声だと思います。

音声入力と空間コンピューティング

音声入力は、空間コンピューティングの体験をさらに豊かにします。特に、手がふさがっている状況や、キーボードやマウスを使うことが難しい状況では、音声入力は非常に便利です。

ビジネスのコンテキストでは、音声入力は会議中のノート取りや、リモートワーク中のコミュニケーションを助けます。また、音声入力を利用すれば、アプリケーションの操作をより直感的に行うことができます。これにより、ビジネスの生産性が向上する可能性があります。

visionOSのような空間コンピューティングプラットフォームでは、音声入力はさらに重要な役割を果たします。ユーザーは、音声コマンドを使ってアプリケーションを操作したり、3Dモデルを操作したりすることができます。これにより、空間コンピューティングの体験がより自然で直感的になります。

まとめ

visionOSは、ビジネスマンにとって新たな可能性を秘めたプラットフォームです。空間コンピューティングの力を活用すれば、ビジネスのコミュニケーション、プレゼンテーション、アプリケーション開発が新たな次元に進化します。さらに、生成系AIと音声入力の技術の進歩により、ビジネスマンは、より直感的で効果的な方法でビジネスを行うことができます。

これらの技術の進歩により、ビジネスマンは、より直感的で効果的な方法でビジネスを行うことができます。これは、ビジネスの未来を変える可能性を秘めています。今後のvisionOSの開発に注目し、その可能性を最大限に活用してみてはいかがでしょうか。

今回はChatGPT中心に現在公開されている情報をベースにエントリーを書きましたがWWDC23でAppleが公開したvisionOSに関するセッションには多くの空間コンピューティング関連、visonOS向けの解説があります。私は空間オーディオ関連に興味がありますが、これら動画で学んでいくとAppleがこれまでARKitに投資してきた理由も理解できますし、RealityKit、SwiftUIと合わさってAppleが求める空間コンピューティングの世界観を作り上げるためにここまで時間がかかったのだと言うことが垣間見えると思います。ちょうど初代iPhone発売の翌年2008年に開発者キットを公開した時と同じく、空間コンピューティングの新しいユーザーインターフェースをこれまでの研究結果を踏まえたガイドラインをにしています。

https://developer.apple.com/visionos/learn/

私は今回発表されたvisonOSの説明を聞き、空間コンピューティングの世界は有用だと感じてますし自分自身がほぼテレワーク中心の働き方の身と言うこともありますがこの世界観はすぐ溶け込めました。今後も引き続きこの費やしている時間をより生産的にできるような活用法を探す目的で情報を追っていこうと思ってます。

コメントや情報をお持ちの方はぜひTwitterなどでもシェアいただけると幸いです。

プロフィール
書いた人
野崎 秀吾

Content Syncretist(コンテンツシンクレティスト)
✨ コーヒーとクラフトビールの愛好家で、在宅勤務を楽しむジェネレーションアルファ世代の父。Bromptonでのサイクリングをこよなく愛する。
最近のプロジェクト:
* AIを活用して、架空のファッション雑誌風写真集を出版。デジタルアートの新境地を探求。

Tokyo WFH Radioはテレワークで出勤時間相当の可処分時間が出来たので、独学者として活動したアウトプットを中心に書いているブログです。

SNSで私を見かけたら、ぜひお声掛けください。AIとクリエイティビティ、音楽制作の裏側、あるいは日常のことなど、皆さんとの交流を楽しみにしています。

SNSもやってますので野崎 秀吾をフォローしてくださいませ。励みになります。
UX
スポンサーリンク
役に立ったらシェアしてくださいね!
SNSもやってますので野崎 秀吾をフォローしてくださいませ。励みになります。
Tokyo WFH Radio

コメント

タイトルとURLをコピーしました